身体のコンプレックス

ニキビに悩まされた経験|ニキビコンプレックス

ニキビコンプレックス

40代の男性です。私は思春期から20代の後半までずっとニキビに悩まされ続けてきました。

小学生の頃は割と綺麗な肌が自慢でした。しかし中学生になるとニキビが出始めてきました。

小学校中学校と剣道をしていた関係からか、面と顔の当たるラインにニキビが出るようになってきたのです。

中学校の頃は周囲にもニキビ面の友達がたくさんいましたし、周りの大人からも「この年頃はしょうがないね」っていう風に言われていたのでそれ程気にすることもなく、いずれ治るだろうという程度で思っていました。

しかし僕のニキビは高校になっても治りませんでした。このころになると異性の視線なども気になるようになって、ニキビはものすごくコンプレックスになってきました。

洗顔などを一生懸命したりしてもなかなか治らず、毎日鏡を見ては「ここが治まってきた、だけどここに新しく出来た、潰れてる、赤いのが出来た、こっちは白い」といった具合にため息を付いていました。

ヒゲを剃る時などはニキビを潰さないように、刺激を与えないようにとても気を使いながら処理をしていて、カミソリで潰してしまった時などはとてもブルーな気持ちになってしまいました。

ニキビは高校を卒業しても治らずに大学生になっても付き合うことになりました。大学も2年生になって二十歳を越えると周りにはニキビっつらの同級生はいなくなってきました。

しかし僕のニキビは相変わらずで僕を悩ませ続けました。大学生の頃は生活も不規則になりがちで、食生活も偏りがちなのですがそい言った生活も良くなかったのだと思います。

大学を卒業して社会人になってもニキビとの付き合いは続きました。この頃にはもう青春のシンボルのニキビではなく吹き出物という皮膚病なんだと認識するようになりました。

社会人になるまでは洗顔といったことしかしてませんでしたが、皮膚病という認識をもってからは市販の吹き出物の薬を塗るようになりました。

しかしそれでも治らずに結局皮膚科に通うことにしました。皮膚科では塗り薬と漢方薬を処方してもらいました。それが功を奏したのか年齢的なものなのか、徐々に吹き出物も治まってきて、随分と綺麗な状況を保てるようになりました。

しかしそれでも思い出したように吹き出物の出てくる状態が20代の終盤まで続きました。

30代のはじめ頃、石川県加賀地方に友人がいてその地方にはフグの卵巣という珍味があるのですが、これを食べて見たくて里帰りの際にお土産で買ってきてもらった事がありました。

フグの卵巣はとても珍味で美味しかったのですが、これを食べた翌日に顔に大量の吹き出物が発生しました。結局この吹き出物は一ヶ月程度で収まったのですが、珍味は半分程度食べただけで結局それ以上は怖くて食べる事が出来ませんでした。

それを最後に吹き出物に悩まされることはありません。皮膚科通いも30代の前半でやめてしまいました。

今は思春期の子供がいるのですが、子供がニキビに悩まされるような事がないといいなと思っています。今の所その兆候もなく安心しているのですが、その代わりに花粉症などで辛い思いをしています。

薄毛コンプレックス体験談はこちら